樹状土偶
大内 公公
自然土、陶土、樹脂、ステンレス/野焼きによる低温焼成 2011年 ARK展発表

土偶は全て仮面をかぶっていて素顔は誰も見たことが無いということに感銘を受けて創作した作品。縄文土器のモチーフは樹木だという自論に基づきボディは植物の姿をしている。数多くの「樹状」作品の最初期の作品。